2013年06月04日

目玉歌留多【と】

・とかげの役人 腹は斬らない
to.jpg

お役人にばさばさ腹斬られても困るんですけど。


posted by 長谷川カオナシ at 22:47| 目玉歌留多 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

スコア

ご無沙汰してます。
半年くらいぶりかしら あけましておめでとうございます。

4月19日(金)、バンドのファーストアルバムの公式スコアブックが
シンコーミュージックより発売されました。


バンドスコアというと先ず最初に自分の高校時代、
エレキ楽器を持ち始めたときのことを思い出します。
当時耳コピもままならなかった我々キッズは、スコアを買って授業中に眺めては
文化祭ではこの曲やろうあの曲やろうの妄想にふけっていました。

そんな私なので、自分の考えたフレーズとかが
図解されるようなことはすっごい出来事なのです。

人口で言うと、
自分のやってるバンドに興味を持ってくれる人>且つプレイヤー>且つビギナー>且つスコア買う方
超マイノリティです。が、それは私にとって、めちゃめちゃ有難い方たちです。
エレキ楽器でやる うるさい音楽って、楽譜で表せない「よくわかんないけどスゲー」みたいな
ふわっとした分野だし
教科書みたくスコア読めとか、読む人が爆発的に増えたら良いとかは思いません。
ですが、読んでまでどうにかしようと思ってくれた危篤な方々に対し
我々がその紙面で出来ることはと考えたとき、「より正確であること」というのが
結論でした。

先述のようにエレキ楽器の音楽って(クラシックもそうなんですけど)
楽譜とか記号で説明しきることなんて不可能です。
実際バンドスコアでも、写譜屋さんに全部任せちゃって、ご自身はチェックなんてしない
という奏者の方もたくさんいらっしゃいます。
そしてそれは、学ぶ場所は紙面じゃないという意思表示であって、
投げやりなのではなくて英断であると思います。

私の場合はですが、あんま言うべきでないですが、
自分はプレイが技巧派な方じゃないし寧ろ諸先輩方からはお叱りをうける方で
つまりビギナーでも弾きやすいフレーズであるからこそ
正確に表記したいなすべきだなと思いました。


これもまた当時、
エレキ楽器を始め、バンドを組み、学校の外で演奏するには大きな壁がたくさんありました。
以下悲観的に見るとですが、
楽器屋さんは場所によっては初心者だからと馬鹿にされて行きづらかったし
街の小さなライブハウスだって場所によっては門前払いされたりもしたし。

それには色んな要因があるし、各々大事なプライドがあるし
今思うと学生って向こうからすれば五月蝿くてマナーも悪い割に見入りが少ないみたいな
ところもあったんですけど。
でも長い目で見たらプレイヤーが消滅したら将来的には商売あがったりなワケで
当時損を被ってでも我々を教育してくれた地元楽器屋さんライブハウス今でも感謝しています。


カオスになってきたので何が言いたいかというと、
とにかくプレイヤーって増えたら良いなーと思うのです。これ蛇足で理想論ですけど
ライブハウスに出る人が増える→友達が観にいく→同士でコミュニティが出来る→
ライブハウス潤う→バンドに課すノルマが減り、演者、出演し易くなる→
お客さん、飲み屋に行く感覚とライブを観に行く感覚が近づく→
「器楽演奏する人=スターになりたがってる人」という観念が崩壊する→
純粋に表現を目的としたバンドがもっと出現し易く・観易くなるんじゃないかなーと、
なったらいいな面白いなと思うのです


そういった意味で、演奏者の端くれの身で且つ微力ながら我々のスコアが
プレイヤーの方の力に少しでもなれたら身に余る光栄でございます。
なんか偉そうでやらしいですね。誤解を恐れながら
posted by 長谷川カオナシ at 05:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

蚊.jpg

血を吸う蚊って卵を孕んだメスの蚊だけなんですって。



確か9月くらいに描いた。
右腕
posted by 長谷川カオナシ at 00:56| 描いたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。